白髪染め『頻度の正解』は?

白髪染めは30日〜60日周期が正解!

あるアンケートでは、30代以上の「髪の悩み」ランキングで常にトップ3に輝く「白髪問題」。
その中でも「白髪染めの頻度」については、みなさん興味のアンテナが敏感なようです。
そこでこの記事では、白髪染めの頻度に正解はあるのか?を考えてみたいと思います。

お時間よろしければ、ご一読ください。

一般的に白髪染めの頻度は、白髪の生えているパーセンテージにもよりますが、染めてから2、3週間もする頃にはチラホラ見えてくるのではないでしょうか?

そしてその白髪は月日が経っても残念ながら減ってくれることは無く、むしろ増加してゆくでしょうし、白髪染めの周期がドンドン短くなるというのが現状ではないでしょうか。

人によっては、応急処置的にマスカラタイプの白髪隠しを使用することで、その場しのぎをされる方もいるでしょうし、一般的になぜか「白髪染めの頻度は、ひと月に一回じゃないと」と思い込んでいる人も多いような気もします。

白髪染めの頻度は、白髪の割合で考える

白髪が(5%以下)

全体で5%の白髪割合というと、主に20代から30代前半までの方が多いと思いますが、この方達の理想的な白髪染め頻度としては、「60日」というのが一つの目安のようです。

白髪が(15%程度)

ファーストグレイからしばらく経ち、俗に言う「おしゃれ染め」から「白髪染め」へ完全に移行したぐらいの割合が「15%程度」といえそうです。
このぐらいの白髪の割合は、個人差がかなり大きいので年齢というよりは、人によるというのが正解かもしれません。頻度の目安でいうと「45日」となります。

白髪が(30%以上)

白髪の割合が30%を超えてくると、例えば髪をかき分けた時に「群生しているアレ」です。
めくる場所によっては、「あっ!」って思ってしまうぐらいで、30%ぐらいに増えてくると白髪染めの頻度は「30日」〜が良いのではないでしょうか。

「年代別」白髪対策の正解は?

20代:白髪率は5%以下がほとんど

「白髪染めなんてしたくない!」
カラーリングで選ぶ色はまだまだハイトーンの明るい色がお気に召すことでしょうし、しっかりおしゃれもしていたいお年頃といえるので、白髪をぼかして目立たなくするような明るいトーンの「色味」を重視した白髪染めカラーを選ぶといいでしょう。

30代:個人差のある世代

とても個人差のある年代ですが、おしゃれ染めを辞めてファーストグレイをはじめる方が
増える年代かもしれません。
ご本人は白髪がある事を周囲に隠したいので、こっそりお教えしたいのは「周りに気付かれないような白髪染めもありますよ!」とお伝えしたいと思います。
比較的少ない白髪の量では、全体的に明るめのカラーで白髪をぼかすことが最善といえそうです。

40代:白髪対策はプチプライスが◎

ファーストグレイから少し時間が経過し、全体の白髪のパーセンテージも多くなる頃です。染める頻度も徐々に多くなり、自宅でホームカラーをしても「ダメージが気になるし、上手くできない!」とサロンとホームカラーを使い分けする方々もいらっしゃいますよね。

子育て世代のど真ん中ということもあり、増える白髪と教育費のダブルパンチが想像できます。
白髪染めはプチプライスでお得に染めることをお勧めいたします。

50代〜:頭皮ケアと白髪染めの両立が大事!

洗面所の鏡を前に、「気がつけば目立つ白いアイツ」。
毎月の白髪染めは必須なのですが、「髪のボリューム」や「頭皮の健康」にも関心が出てくるご年齢なので、どんなカラー剤で染めて、どんなケアをすればいいのか?
白髪を染めるプラスαのご提案を望まれている方が多いのが、特徴的といえそうです。

白髪染め「頻度の正解は?」のまとめ

いかがでしたか?
一般的に白髪は、実年齢と比例して増えてくるものですが、その頻度は人によってまちまちで、目安となる情報がまだまだ少ないといえますよね。

美容師から見るお客様の傾向としては、若年層ほど「明るさ」や「色味」を重視する方が多く、年齢が上がるにつれ「染まりの良さ」や「ボリューム」、「頭皮の健康」などヘルスやコンプレックスに対しての関心が強くなるような感覚があります。

ヘアメンテで扱うカラー剤の特徴は、
・透明感があって、色味がキレイ
・しっかり染まるのに、髪へのダメージは最小限
・頭皮への負担も極力配慮しているので安心設計

白髪を染めることは「髪のメンテナンス」と捉えていただければ、自分磨きの一つとなるでしょうし、より綺麗になるための一手間とも考えられます。

頻繁に行うメンテナンスだからこそ、毎月通いやすい価格帯でご案内いたしております。
また、ヘアメンテでは白髪染めを「自分磨き」のためのメンテナンスとしている通り、毎月染める「白髪染め」に「トリートメントを無料!」でセットしたします。

トリートメントも某有名メーカーのものを使用していますので、効果ある手触りをお楽しみください。

白髪染め=めんどくさい
と思わず、毎月の「髪のメンテナンス」を楽しみましょう。
きっとヘアメンテはあなたの「髪の毛」のお役に立てるはずです。

最新情報をチェックしよう!